しわの原因と筋肉の退化

しわがふえる原因の一つに、筋肉が衰えることがあります。表情筋として通じることが少ないために、しわが断固見えるようになる部位は、瞳もとのしわ、口もとのしわ、ほうれい線だ。逆に、筋肉が度々働くためにしわになったりもします。表情筋が様々な理由で衰えると、肌は表情筋にて支えきれなくなって重力に従って垂れ下がり、しわができ易い肌になってしまいます。肌が潤いを失い、たるみ易くなるのが、しわの原因だ。素肌の条件は、表情筋が弱って行くによってどうして変わっていくのでしょう。ほっぺたが、骨格といった表情筋にてふくらみ気味に見えた場合でも、表情筋が肌を支えていられなくなると、素肌本体のウェートで下道のりに下がっていきます。ほうれい線は、頬など面持ち全体の肌がたるむようになるによって目につき出します。頬の肉が垂れさがれば、それだけ肌は自身のウェートで下道のりに肌を引っ張るようになり、目の下にもしわができます。目尻のちりめんしわは、目の下の肌がウェートで垂れさがる際に、挑発を瞳の上やお隣にも引っかけるために、しわができ易い技術がかかります。面持ちは1枚の肌でできていますので、一つ肌が垂れさがる部位があればそこが起点になって、さらなるしわができます。しわができる原因はいくつもありますので、普段から多彩肌のお手入れを通じておくことで、しわのない素肌にかけて下さい。